ルームランナー

足、腰への衝撃を和らげるクッション性能が優れているから、膝がすぐに痛くなってしまう人も使い易いルームランナーです。体への負担が多ければ、安心して走ることもできなくなってしまうでしょう。ルームランナー販売店 HOME



ルームランナー T8.0 T-5000 エボルブ 選び方 自宅のメリット 悪質業者の手口 ヒザに激痛 近所の住人激怒

商品を間違うとヒザに激痛★ルームランナー,選び方,ヒザ

足腰への衝撃を吸収するクッションが弱い
一般的なメーカーは家庭用しか製造しておらず、クッションの技術が低い

クッションが弱いと危険


知ってましたか


ランニングの場合、体重の約4倍の衝撃が掛かります
世界のジョンソンのルームランナーは高性能クッション搭載

製品自体についているクッションに加え・・・




ヒザを傷めにくい
特殊加工ベルトなので滑りにくく走りやすい

意外と重要なクッション性能のお話しです。 もしも、このクッション性が優れていなければ、ルームランナーを使うことでヒザにダメージを与えてしまい、運動をする度に激痛が発生してしまうかも知れません。

ルームランナーのトップメーカーであるジョンソンのルームランナーは、クッション性の高さも優れています。

ルームランナーのユーザー様の膝を痛めてしまわない為に、ランニング時の衝撃を抑える仕組みが取り入れられています。


一般的なルームランナーのメーカーは、家庭用のルームランナーしか製造していないので、クッション技術のレベルが低いのです。

靴を履かずに、固い道を走るのは、膝にとっては意外と危険な事なのです。


普段、外を歩くときには、靴やサンダルを履きますよね。 この履物の靴裏にあるショック吸収部分が、膝へのダメージ軽減に役立ってくれています。

昔の時代は、靴は無くても、地面がアスファルトではなく、土だったので、膝へのダメージや、膝の故障はあまり聞かれませんでしたが、ルームランナーには衝撃吸収のためのクッションが必要です。


硬いルームランナーの走行板の上では、着地時の衝撃が、膝や腰にかかってしまいます。ヒザや腰へのダメージは蓄積され、直ぐには痛みにならなくても、ある日突然、「膝が痛くて歩けない!」と、なってしまうかも知れません。

ジョンソンのルームランナーは、クッションの技術もハイレベルです。Ti-22には、エアセルという、衝撃吸収システムが導入され、VCSクッションや、自分でクッションの硬さを調節できるルームランナーもあります。


膝が痛くなってしまいやすい方の事も、考えて作られているので、安心してランニングが続けられるでしょう。

しかも、ジョンソン製のルームランナーの走行ベルトは、特殊加工のベルトなので、滑り難く走りやすくなっています。



CVO商品


ご不明な点は専門スタッフにご質問ください

 

ルームランナーへお電話下さい

 

ルームランナー

ルームランナー

会社情報


Address
オペラシティタワー 〒163-1413
東京都新宿区西新宿3-20-2
東京オペラシティタワー13F
電話番号:03-5365-1001 / FAX:03-5365-1005

ホーム
個人情報保護方針
特定商取引に基づく表示
会社概要
取り扱い商品一覧
お客様の声

サイトマップ
ルームランナー,選び方,ヒザ

Copyright (C) 2014 ルームランナー All Rights Reserved.

このページの先頭へ